高槻バイオマス粉炭研究所

会社案内/アクセス

有限会社 紋珠
高槻バイオマス粉炭研究所

〒569-1022 高槻市日吉台五番町9-19
tel 072-698-1532 fax 072-698-1533

製炭炉 (特許「山仙プール式炭化平炉」許諾工場)

〒569-1002 高槻市大字田能小字上条奥ノ谷1-3

設立趣旨

  • ●バイオマス粉炭の社会的な認知を拡げ、様々な可能性に対する信頼を得る
  • ●地球環境保全に貢献できるバイオマス粉炭の有効性を実証する
  • ●バイオマス粉炭を地元に供給するだけでなく、新しい活用方法を開発する

基本コンセプト

  • バイオマス粉炭の意味を伝える
  • バイオマス粉炭を作る人を創る
  • バイオマス粉炭の可能性を拡げる

主たる研究テーマ・業務内容

地球環境への有効性の研究及び実証実験
  • ●二酸化炭素と炭に関する研究
  • ●燃料としてのエコ性の研究
  • ●土壌・水質改良等に関する研究

粉炭が可能にする農地土壌への炭素貯留推進による温室効果ガス排出削減等をはじめとする、粉炭本来の性能が実現する環境保全へ様々な活動のサポートを行う。
また、土壌改良や添加飼料だけでなく新しい水質浄化手法を含め、バイオマス粉炭が生み出す環境に対する素晴らしい効果を可視化・数値化する為の実証実験を行う。

生産技術研究及び製炭技術研修・生産
  • ●海外・国内への技術移転活動
  • ●生産手法・構造の改良・改善

国内における製炭者の増加を図るため、被災地を含め全国の自治体や環境NPO担当者に幅広くメッセージするだけでなく、海外における農業・食物残渣問題の解決や水質改良に貢献するため製炭技術を海外へも幅広く技術移転する。
また、様々な設置環境に対応出来る製炭炉を研究開発する。

産官学連携による新たな製品開発
  • ●内燃機・建装材製品
  • ●食品・生活ケア製品

粉炭を燃料とするストーブやボイラーだけでなく、電磁波への特性を生かした壁装材等、炭からカーボンまでの幅広い提携の可能性を探り新たな商品化にチャレンジする。
人間ばかりでなく、生き物すべてに対する炭の効果を、食べるや塗る等の処方を含めた視点からの新たな商品化を模索する。